2019年10月06日

あじかん ごぼう茶は生活習慣病の予防・改善にも効果が期待できます。

辛い料理はわりと食べるほうです。
無性に辛いものが食べたくなったときは、唐辛子たっぷりの料理をよく食べます。
真っ赤な麻婆豆腐や担々麺、チリパウダー(唐辛子)とスパイスたっぷりのインド系カレーを食べると、汗がたくさん出てスッキリした気分になります。
実際に体温が上昇して発汗が促され新陳代謝が向上するので、疲労回復効果もあるんですよね。
辛いものが食べたくなるときは、疲れがたまっているんでしょうね。
唐辛子をたくさん使う料理といえば、ブータン料理が有名です。
ブータンの方は野菜感覚で唐辛子を入れるんだそうです。
一度食べてみたいと有名な店をチェックしていたので、食べ歩きで行ってみました。
メニューを見てもどんな料理かピンとこないので、とりあえず名物の唐辛子が入っているお料理をオーダーしてみました。
シチューのように煮込まれた、赤や青の生トウガラシがたっぷり入っていて衝撃です。
チーズもたくさん使われているからなのか、ピリッと辛くてほんのり甘さも感じる食べやすい味、ご飯にとても合うんです。
味付けそのものはとてもシンプル、トウガラシのほかにお塩と山椒、ショウガが使われている程度なので、素材の味が生きた素朴な味付けでした。
辛いけどクセになる味、野菜たっぷりでヘルシーだしすっかりハマってしまいました。
ところで今日はあじかん ごぼう茶が気になってるのでそのことも。
食物繊維は、便通を整え、便秘を防ぐうえで欠かせないものです。
また、脂質・糖・ナトリウムなどを吸着して身体の外に排出する働きがあるため、これらを摂り過ぎることで引き起こされる肥満や脂質異常、糖尿病や高血圧など生活習慣病の予防・改善にも『あじかん焙煎ごぼう茶』は効果が期待できます。
あじかんごぼう茶
https://www.xn--l8jio0bs2tyft993cwnaz29l.com/
posted by noriko39 at 16:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。